3DSでカリエスリスクを減らしましょう!

3DS(Dental Drug Delivery System)とは?
ドラッグリテーナー(マウスピース)を用いて、歯の表面に薬剤を直接塗布して、う蝕細菌であるミュータンス菌を徹底して殺菌し除去する方法です

こんな方におすすめ

虫歯はMS菌による細菌感染です

ミュータンス菌

粘着性のあるグルカン(ベトベトした物質)を作り出し、歯の表面に付着します。
強い酸を産生し歯を溶かすため、虫歯の原因菌の1つと考えられています。

ソブリヌス菌

ミュータンス菌同様、虫歯の発症に関与すると言われ、近年、ソブリヌス菌の方が、酸を産生する力がより強いと言われています。

乳酸桿菌(ラクトバチラス)

強い酸を産生する。虫歯によって作られた深い穴などに存在し、虫歯の進行に関与していると言われている。
乳製品を頻繁に食べている方は多めに検出されることがある)

細菌バイオフィルム

細菌が菌体外多糖を産生し、その多糖内で増殖してさらに異種細菌と凝集し、歯の表面をフィルム状に被覆した細菌集団のことを言います。
つまり、細菌集団がきわめて安定した集落を作り、歯の表面にしっかりと定着した状態のことです。

まずは、細菌検査をしませんか?

・う蝕病原菌の特定と細菌量を知ることでカリエスリスクを知ることができます
・一定基準以上のう蝕病原菌が存在する場合は3DSが有効的です

細菌検査と資料採り

細菌検査

資料採り

細菌検査の結果の説明

ドラッグリテーナーの印象と作製

歯型を上下採り、トレーを作製します

3DS(1クール)

プロフェッショナルケア

3日ないし1週間間隔で2回実施

3DS当日のプロフェッショナルケア

期間中のホームケア

3DS後の注意事項

3DS後の細菌検査

金額

お知らせ

スタッフブログ

スタッフブログ

荒木歯科医院

IMPLANT WALKER