コンポジットレジンとは?

前歯の虫歯が気になるな~!以前、白い詰め物をしたんだけど色が変わってきて気になるな~!と、考えている方がいらっしゃると思います。
そこで、ここではコンポジットレジン充填(白い詰め物)の事についてお話をしていきます

ぱっと見ると同じように見える歯の色ですが、実は1本1本微妙に違うのです。
少し黄色い、白い、透明感があるなどなど様々なのですよ。
そこで複雑な色を出すために使用する材料は...

こちらが使用するコンポジットレジン(白い詰め物)です。(保険適用外)

たくさんの種類がありますね。これらを組み合わせ、より自然に見えるように詰め物をしていきます。

コンポジットレジンの流れ

ケース:白い詰め物をしたのだけれど、変色したのが気になる

施術前

歯を削ります

歯の表面を処理

コンポジットレジン(白い詰め物)を充填

ここまでの処理が終わったら、下写真の器具を使用しコンポジットレジン(白い詰め物)を充填していきます。

コンポジットレジン(白い詰め物)充填後

コンポジットレジン(白い詰め物)充填が終わった後は、綺麗に磨いていきます。(研磨といいます)

その時に使う道具です。

研磨

施術後

コンポジットレジン充填の費用

(1偶角)
5級 ¥15,000(税別)
3級 ¥30,000(税別)
1級 ¥40,000(税別)
4級 ¥40,000(税別)
 (両偶角)
2級 ¥60,000(税別)
4級 ¥60,000(税別)

自費のコンポジットレジン修復

自費のコンポジットレジン修復とは?

MI治療(Minimal Intervention)ミニマル インターベンション

最小限の侵襲。
(歯をできるだけ削らず、できるだけ神経を残して、本当に悪くなった所だけを削除して修復する治療。)

MI治療に基づき、美しさまでも追及してコンポジットレジンを充填した審美治療。

自費のコンポジットレジン修復しませんか?

こんな方におすすめです。

自費のコンポジットレジン修復の利点

高質な材料と技術で、色や形、研磨にとことん追求して最も自然な歯を再現します。

自費のコンポジットレジン修復のこだわり

数十種類の中から色選び

・その人の歯の合わせた色選び

・1本の歯の中でグラデーション作り

元々の歯の形の再現

・細かい隆起・特徴つくり
・左右対称

・全体的バランスつくり

研磨

何段階もの研磨

・艶感のある仕上がり
・汚れ・着色を付きにくい

・歯質との境をなくす

資料どり

レントゲン

見た目ではわからない隠れた虫歯を発見。

模型の採取

全体のバランス、形、咬み合わせをみる。

口腔内の写真

術前の状態を撮る

自費のコンポジットレジン修復を始める前に健康な歯肉へ

PMTC(クリーニング)

・歯周病の原因である、プラーク(バイオフィルム)の除去を行う。
・歯の着色、黄ばみ、くすみの除去。
(正しい色を選択する為には大切) 

プラークコントロールの向上

・健康な歯茎つくりに一番大切なのは歯磨き。苦手な所を克服します。

より美しくする為に

ビヨンド(ホワイトニング)

本来の自分の歯の色に戻して、さらに美しい仕上がり。

自費のコンポジットレジン修復治療

麻酔

歯面清掃

完全防湿

圧排

齲蝕除去・窩洞形成

色合わせ

歯面処理:エッチング

酸処理。歯を脱灰させて歯の表面をざらざらにしてレジンを付けやすくする。

ボンディング

隅角や切端がない場合

レジンの充填

研磨・修正・最終研磨

完成

お知らせ

スタッフブログ

スタッフブログ

荒木歯科医院

IMPLANT WALKER