歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。
歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。
日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半で60%の人がかかっており、50才代で約80%のほとんどの人がかかっているといわれています。
上記のように多くの方が悩んでいる歯の病気です。
軽視して放置していると歯が全部抜けてしまったりと取り返しのつかない非常に怖い病気です。

歯周病(歯槽膿漏)の原因は?

1番の直接的な原因はプラークです。

※プラーク:虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに約1億個の微生物がいるといわれております。

歯石

通常の歯ブラシではとれません、この歯石の上にどんどんプラークがたまります。

タバコ

タバコを吸っている人は血流が悪くなり、歯周病が進みやすく、炎症がおきてしまうとなおりづらく、プラークもつきやすくなり、歯肉の色も黒ずんできます。
肺がん等にもなりますし百害あって一理なしです。極力タバコはやめられたほうがよいでしょう。

糖尿病

身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。

その他、ストレスや妊娠・更年期、食生活、噛み合わせなど様々な要因があります。

歯周病の予防

早期発見、早期治療が一番重要です。
少なくとも3ヶ月~半年に一度プラークコントロール(定期検診)されることをお勧めいたします。

当クリニックは日本歯周病学会より歯周病専門医として認定されています。(2006.9.19)

歯周病専門医の認定基準

1.日本歯周病学会、会員歴5年以上(院長は11年)
2.日本歯周病学会の参加(毎年)・・・指定された教育研修プログラムを終了している事
3.1次審査・・・10名の歯周病の患者さんの治療経過の報告と過去の業績の書類審査
(院長の場合最長10年の治療経過報告)
4.2次審査・・・実際の歯周病患者さん治療のケースプレゼンテーション

FMDで歯周病を治そう!

FMDとは、抗生剤を用いて、薬の作用期間中に1回で、口腔内全ての歯石や歯周病原菌を取り除き、再感染を防ぐ除菌治療です。

歯周病関連コラム

再生療法

歯周病が進行すると,歯を支える骨が吸収するために歯がぐらぐらしてきます。
歯周病を放置すると,歯はやがて抜け落ちてしまう非常に恐ろしい病気です。
重度歯周病の場合,進行を食い止める治療を行うために,歯周外科処置が必要です。

上記のように、骨が溶けてしまったりした場合の処置としてエムドゲイン療法という歯周病に用いるお薬を使い、歯周組織を再生したりする治療も行っております。

エムドゲイン療法のメリットとして、溶けてしまった骨が再生したり、歯と歯ぐきとの接着が強くなる効果があります。

当医院では上記のような失われた組織組織や骨を再生させて安全・安心・正確な治療が行えます。

歯周病で歯が抜けてしまったなどお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お知らせ

スタッフブログ

スタッフブログ

荒木歯科医院

IMPLANT WALKER